二重整形術で人気の方法は口コミ評価も高め|安心して利用できる方法

施術法は慎重に決める

医者

時間に余裕を持たせる

二重整形の方法にはメスを使う方法とメスを使わない方法があります。メスを使わずに二重にするには糸を使ってとめるだけの施術内容になります。そのためメスを使って行う切開法よりも価格が安いという特徴がありますが、糸でとめるだけの埋没法にも色々な種類があります。口コミでは色々な種類の埋没法を試した人の話を見ることができますが、糸をとめる場所が一か所だけの施術が最も価格が安いというクリニックが多いようです。しかし、口コミの中では二重整形をしても、一重に戻ってしまったという人の話もあり、その多くが埋没法で一か所だけをとめる施術法だったようです。これは、目を強くこすったりすると、とめていた糸が外れてしまう可能性があるからです。埋没法は価格が安いというメリットがありますが、まぶたの形状などによって不向きなこともあるので、担当医と相談をして決めるようにしましょう。また同じ埋没法でも糸の通し方に工夫をして、二重がとれにくくなっている施術法があります。一か所だけをとめる方法に比べると割高にはなりますが、その分だけしっかりとまぶたをとめることができるので、効果がなくなってしまう可能性が低くなります。将来的に元に戻したくなるかもしれないという可能性がある場合には、しっかりととめてしまうと元に戻せないことがあります。施術を行う時にはそういったことも考慮したうえで施術法を選択するようにしましょう。二重整形の施術法にはいくつかの方法があるので、かかる費用だけでなく施術のメリットデメリットを比較して選ぶことが大切です。二重整形の口コミを見ていると、ほとんどの人が日帰りで施術を受けていることが分かります。施術法にもよりますが、手術時間は短く麻酔の影響もそこまででないでしょう。そのため、カウンセリングを受けた当日に施術を行うというクリニックもあるほどです。しかし、施術時間が短いからと言って、その時間だけを確保しておけばよいわけではありません。口コミには様々な体験談がありますが、術後の目の腫れが予想よりも長引いたという話も聞かれるので、ダウンタイムは余裕をもって確保しておいたほうが良いでしょう。二重整形は埋没法であれば、術後の腫れもさほどないと言われていますが、実際にどれくらいの腫れが生じるのかは、その時になってみないとわかりません。そのため、日程の調整をする時には余裕を持って準備をしておきましょう。からだを動かせないわけではないので、人前に出ないのであれば、普段通りの生活をすることができます。しかし、激しくからだを動かすようなものは、血流をよくして腫れを長引かせるので、できるだけ安静に過ごすことが重要です。他には施術を決めるまでの期間も、必要があれば長めに確保しておくことをおすすめします。施術をするかどうかを決めるのはすぐにできますし、申し込みも簡単に行えますが、施術法や二重の幅などは慎重に選んだほうが良いからです。簡単な手術とはいえ、一度行ってしまうと元には戻せない施術法もあるので、少しでも不安なことがあれば、事前に医師に相談をしておきます。不安を解消してから施術を行う決断をするようにしましょう。